技術発表

 

20181110 山口県コンクリート診断士会5周年記念式典で活動報告

20181110 山口県コンクリート診断士会5周年記念式典で活動報告
 

 弊社の池末が、山口県コンクリート診断士会5周年記念式典にて、「5年間の活動報告」をさせていただきました。5年間分の活動内容ではありましたが、会員の皆さんにとって当会のこれまでの“来し方”を振り返り今後の“行く末”を想像する機会になれば、また、ご来賓の方々にとって当会のことをより一層知っていただく機会になっていれば、講演者にとって非常に幸甚です。
 この活動報告ですが、記念式典と交流会の時間ですが、当初は30分を予定していました。ところが、当日は前段の行事であった式典が思いのほか早く終わってしまったことから、次なる行事である交流会までの場を繋ぐために、時間が50分程度にまで長くなってしまいました。そこで、急遽、現場見学会で軍艦島を視察した際にUAVで撮影した動画も追加でご覧いただき、即興でナレーションを入れ、なんとか時間を繋ぐことができました。アドリブも交え語って乾ききった喉に、その後の交流会でのビールが染み渡りました。
 
 
 
 

20181019 第9回技術講演会の一般講演にて発表

20181019 第9回技術講演会の一般講演にて発表
 
 一般社団法人山口県測量設計業協会および中国地質調査業協会山口県支部が共催する第9回合同技術講演会において、弊社の池末が一般講演の1題を発表させていただきました。発表の演題は、「PC箱桁橋に生じた遅延膨張性ASRへの調査・対処事例」です。本講演会には、今回190名程度の参加者が集まりました。このように、多くの参加者が集まる講演会において、貴重な発表の機会を与えてくださり、深く感謝申し上げます。
 この合同技術講演会での発表は、弊社としましては今回で4回目となります。今後も積極的に業績や研究成果の発表を行うことで、その発表を通してさらなる自己研鑽を図っていくとともに、同業他社との競争の中で切磋琢磨し技術力を向上させ、よりよい社会資本整備を推進していくことで社会貢献を図っていく所存です。
 
 
 
 

20180921 第4回ME山口養成講座に出講

20180921 第4回ME山口養成講座に出講
 
  弊社の池末が、今年度も、山口大学工学部社会建設工学科が主催する「2018年社会基盤メンテナンスエキスパート(ME山口)養成講座」の講義の一コマに出講させていただきました。講義の演題は、今までと同様に「橋梁の設計・施工技術の変遷」です。主催者の方々には、貴重な講義の時間を与えてくださり、深く感謝申し上げます。
 今年度は、受講者の皆さんに、飽きることなく、かつ、関心を持っていただけるような内容にしたいとの思いから、講義の中に模型実験を取り入れてみました。実験の内容は、発泡スチロール橋を用いた耐荷力試験です。単に講義しているときと比べると、実験の際は受講者の方々の注目度が高かったような気がしています。が、実際の受講者の皆さんの評価が気になるところです・・・。
 例年同じ結びになりますが、今年度の受講生の方々にとって本講座が実りあるものとなるとともに、ME山口の活動がますます発展しつつ今後も継続し続けることを祈念いたしております。
 

20180717 大津緑洋高等学校で出前講座

20180717 大津緑洋高等学校で出前講座
 
  弊社の池末が、山口県立大津緑洋高等学校(水産キャンパス)にて、海外で活躍する技術士の方と共同で出前講座をさせていただきました。講義の演題は、「土木技術者について、技術士について」です。受講生は、専攻科の学生さんでした。高校生の皆さんとの接点となる機会を与えてくださり、大津緑洋高等学校の先生方に深く感謝申し上げます。
 講座の中で受講生の皆さんに確認してみたのですが、“技術士”資格のことを知っている学生さんは、皆無でした・・・。本講座が技術士のことを知り、将来技術士を目指すきっかけとなり、その結果高い意識を持って社会貢献する技術士が誕生するようなことがあれば、これに勝る喜びはありません。
 また、我々社会人の出前講座が、受講された学生の皆さんとって、わずかながらでも有意義なものとなっていれば、非常に嬉しい限りです。今後の長い人生における様々な場面でのご活躍を期待しています。力強く、社会に羽ばたいていってください。
 
 
 
 

20180704 平成30年度RCCM受験対策講習会

20180704 平成30年度RCCM受験対策講習会
 
 一般社団法人山口県測量設計業協会が主催する、RCCM受験対策講習会に、弊社の池末が講師の一人として参加させていただきました。担当した講演題目は、下記のとおりです。
・RCCM資格試験の概要
・問題Ⅰ(業務経験)の論文の書き方および解答例の説明
・記述試験に向けた文章の書き方の説明
・受験申込書作成にあたっての留意事項等の説明および記述内容指導
 本講習会は、講演のみならず論文の添削指導も実施しています。今年度で4回目の開催となります。回を重ねるにしたがい、若干ずつではございますが、我々の添削指導スキルも年々向上しているように感じています。その甲斐あってか、昨年度の講習受講者に対する合格率は70%(全国合格率:41.5%)に達しました。
 今年度は受講者全員の方に合格を勝ち取っていただけるように、非常に微力ではございますが、受講者の方々のお手伝いをさせていただこうと考えています。
 

20180611 土木学会賞「技術賞(Ⅰグループ)」受賞報告会

20180611 土木学会賞「技術賞(Ⅰグループ)」受賞報告会
 
 山口県土木建築部が主催する、土木学会賞「技術賞(Ⅰグループ)」受賞報告会において、弊社の池末が、(一社)山口県測量設計業協会の立場にて、パネルディスカッションにパネラーの1名として参加させていただきました。ディスカッションのテーマは、「コンクリート構造物の品質確保について」というものです。
 山口県が推進するコンクリート構造物の品質確保の在り方、そして、その基軸となる「山口システム」に対する設計者としての今後の関わり方などについて、忌憚ない意見を申し上げ、他のパネラーの方々とディスカッションをさせていただきました。
 今後も、非常に微力ながら、設計者として山口システムがさらにスパイラルアップする一端を担う覚悟で取り組んで参りたいと強く感じています。
 
 

20180420 平成30年度山口県コンクリート診断士会総会・基調講演会

20180420 平成30年度山口県コンクリート診断士会総会・基調講演会
 
  山口県コンクリート診断士会が主催する総会・基調講演会において、弊社の池末が、講演させていただきました。演題は、「軍艦島の現地視察報告」です。
  先立つ平成29年9月28、29日に、同会が(一社)コンクリートメンテナンス協会との共催にて軍艦島現地視察を実施いたしました。長崎県の端島(通称:軍艦島)へ、本会からは23名で赴きました。本講演は、その現地視察状況の報告となります。
  軍艦島へは、観光上陸が可能となっています。とはいえ、その観光上陸では、立入可能区域が小範囲に限定されており、自由に歩き回ることはできず、現存する老朽化した住宅群に近づくこともできません。
  そのような現状下において、同会では長崎市より特別の許可を得て、島内一帯を視察してきました。安全確保を怠ることなく老朽化した住宅群にも近づき、非常に激しい環境下におけるコンクリート構造物の変状の著しさを目の当たりにし、同行者との意見交換などを行いました。この視察で学んだ経験や知見を基に、地域インフラのよりよい維持管理に繋げていきたいと感じています。
 
 

20180227 平成29年度土木鋼構造研究会技術交流会

20180227 平成29年度土木鋼構造研究会技術交流会
 
  土木鋼構造研究会(会長:山口大学大学院 麻生教授)が主催する技術交流会において、弊社の池末が、講演させていただきました。演題は、「構造物の補修に関する一考察~アルカリシリカ反応(ASR)を中心に~」です。
  また、パネルディスカッションにも、パネラーの1名として参加させていただきました。ディスカッションのテーマは、「地域インフラの維持管理」というものです。官学の他のパネラーの方々とのディスカッションを通じて、自分とは異なる立場での既存インフラに対する考え方や捉え方に触れることができ、学びの多い交流会となりました。
  橋梁を例にとれば、山口県内ではコンクリート橋が多いのが実状ではありますが、鋼橋も存在します。それらの鋼橋の中には、老朽化したものも少なくありません。この土木鋼構造研究会で学んだこと・これから学ぶことを大いに活かし、地域インフラの維持管理に対して貢献していきたいと考えています。
 
 
 
 
 
中建日報 2018年3月7日(水)より転載
 
宇部日報 2018年3月1日(木)より転載
 

20180222 環境省協働取組加速化事業

20180222 環境省協働取組加速化事業
 
 「こども達の生きる力を育むための地域教育力向上プロジェクト~新たな宇部方式の構築~」
 
 本事業では、子ども達の生きる力を育むための教育力向上における諸問題、特に環境教育力強化に宇部方式の手法を持ち込み、地域の環境保全について、自ら学び、考え、行動する人づくりを通じて産官学民の連携・協働取組により「地域の教育力」を向上させるシステムの構築を目指すものです。
 また、新たな指導者の発掘育成、子ども達全体に行き届く環境学習機会の充実に重点を置いた環境学習拠点との連携による体制づくりを進め、宇部セントラルコンサルタントもその一役を担ったものです。
 当社は「自然共生」に関するESD推進部会の委員として参画させて頂き、環境学習指導者の立場として、諸問題の解決に微力ながら手助けを行わせて頂きました。
 その中で、環境カウンセラー(川窪、環境教育インストラクター(植田)をはじめ、技術士(環境部門)等を取得している技術者が、ESDプログラムの手助けをはじめ、高校生を対象とした授業をサポートしました。
 本HPでは活動の一部を紹介いたします。
 
 

20170922 第3回ME山口養成講座に出講

20170922 第3回ME山口養成講座に出講
 
 弊社の池末が、今年度も、山口大学工学部社会建設工学科が主催する「2017年社会基盤メンテナンスエキスパート(ME山口)養成講座」の講義の一コマに出講させていただきました。講義の演題は、昨年度と同様に「橋梁の設計・施工技術の変遷」です。主催者の方々には、貴重な講義の時間を与えてくださり、深く感謝申し上げます。
今年度は、講義後の質疑応答の際に、受講者の方から質問をいただきました。さらに、後日あらためて質問をしてくださった方もいらっしゃいました。年々、受講者の方々の社会基盤のメンテナンスに対する意識や向上意欲の高まりを感じています。
  昨年度と同じ結びになりますが、今年度の受講生の方々にとって本講座が実りあるものとなるとともに、ME山口の活動がますます発展しつつ今後も継続し続けることを祈念いたしております。
 
 

20170125 ME 山口成果報告会にて受講報告

20170125 ME 山口成果報告会にて受講報告
 
 弊社の池末が、平成29年1月25日(水)に、山口大学工学部社会建設工学科主催の
「平成28年度メンテナンスエキスパート山口(ME山口)成果報告会」において、平成27年度の受講生として受講報告をさせていただきました。
 その受講報告の中でも申し上げましたが、養成講座の修了生が集い、意見交換や技術交流を行うことでお互いにスキルアップを図れる場となる「ME山口の会」(仮称)の創成や運営に今後は尽力できればと、心密かに思っています。
 
 
 
 
宇部日報(平成29年1月26日付)より転載
 

20160921 ME山口養成講座へ出講

20160921 ME山口養成講座へ出講
 
 弊社の池末が、平成28年9月21日(水)に、山口大学工学部社会建設工学科が主催する「2016年社会基盤メンテナンスエキスパート(ME山口)養成講座」の講義の一コマに出講させていただきました。講義の演題は、「橋梁の設計・施工技術の変遷」です。主催者の方々には、貴重な講義の時間を与えてくださり、深く感謝申し上げます。
 今年度の受講生の方々にとって本講座が実りあるものとなるとともに、ME山口の活動がますます発展しつつ今後も継続し続けることを祈念いたしております。
 
 

20160805 小学生向け理科教室の共同開催

20160805 小学生向け理科教室の共同開催
 
 平成28年8月5日(金)に、山口県技術士会青年部が、山口市徳地地域交流センターにて、徳地の小学生を対象とした理科教室を開催しました。弊社の池末が、その一員として参加しました。
 理科教室の内容は、「ぽんぽん船つくり」と「石の観察」です。
 まず、「ぽんぽん船つくり」については、その原理や工作時の安全についての留意点の説明を行った後に、早速作ってもらいました。できたぽんぽん船は、特設プールにて試走させました。
次に「石の観察」については、鉱物についての説明を行った後に、偏光顕微鏡にて鉱物のサンプルを観察してもらいました。
 参加してくれた小学生の嬉々とした表情が、とても印象的でした。このたびの開催により、アウトリーチ活動の重要さとともに、催し事を成功させるむずかしさをあらためて感じさせられました。
 ひとりでも多くの小学生が科学技術に対しより大きな興味を持ってくれると、技術者の端くれとしてとても嬉しく感じます。
 
 

201607 山口県土木施工管理技士会より表彰

201607 山口県土木施工管理技士会より表彰
 
 弊社の池末が、山口県土木施工管理技士会より、当会が主催する技術講習会の講師を長年務めた功績により、感謝状をいただきました。
 

201606 橋梁点検講習会

201606 橋梁点検講習会
 
 山口県内の某市が開催した「橋梁点検講習会」に、講師として出講させていただきました。講習会の時間は10:00~17:30、そのうち午前中は屋内で座学を行い、午後は実橋に対する点検演習を行いました。20名の技術職員の方々が受講してくださいました。
 午前中の座学では、橋梁の基礎知識から劣化度判定の具体例まで幅広く網羅した内容とするとともに、図や写真を多用しわかりやすい講義となるように心掛けました。午後の実技演習では、座学の知識を実践で活かせるよう、1橋目では講師による解説を行いながらの劣化度判定、2橋目は受講者が各班毎に劣化度判定した後に結果発表と、プログラム構成に工夫を凝らしました。
 
 座学においては、真剣な眼差しでのご受講姿勢に、実橋点検演習においては積極的な点検姿勢と活発な質問に感服いたしました。
 稚拙な内容ではございましたが、今後の職員点検の一助になれば、大変幸甚に存じます。
 同様の講習会をご希望の自治体様がいらっしゃいましたら、お気軽にお声掛けください。時間や内容につきましては、ご相談に応じさせていただきます。
 
 
午前中の座学の様子です。
 
実際の橋梁を用いた午後の実橋点検演習の様子です。
 
班毎に分かれての実橋点検演習の様子です。
 
各班の結果発表と講師による解説の様子です。
 

201509 山口大学JABEE教育の講師活動

201509 山口大学JABEE教育の講師活動
 
土の一軸圧縮試験の実習です
(講師:長尾昌信氏)
 
 計測器の使用方法の実習です
 
土懸濁液の化学試験の実習です
(講師:植田敏史氏)
 
 試験結果を用いて排水処理の検討です
 

201506 中国地質調査業協会での発表会(岸本達也氏)

201506 中国地質調査業協会での発表会(岸本達也氏)
 
 
山口県西部地域の建設予定地で実施された活断層調査事例について発表して頂きました。
 

201502 山口大学JABEE教育の講師活動

201502 山口大学JABEE教育の講師活動
 
 地盤卓越振動の測定と振動の減衰傾向の実習です
(講師:植田敏史氏)
 
 計測器の使用方法の実習です
 
土の一軸圧縮試験の実習です
(講師:長尾昌信氏)
 
 実習に参加された皆さんと講師です
 

201501 エコアクション21事例発表(植田敏史氏)

201501 エコアクション21事例発表(植田敏史氏)
 
 
 
 
 6か月で27万円のコスト削減に成功しました。
 

201411 山口県測量設計業協会での発表(池末二朗氏)

201411 山口県測量設計業協会での発表(池末二朗氏)
 
 
コンクリート構造物の補修に関する一考について発表して頂きました。
<<株式会社宇部セントラルコンサルタント>> 〒759-0203 山口県宇部市中野開作67番地 TEL:0836-41-6866 FAX:0836-41-2345