地域貢献

 

緑のカーテンが宇部市のHPに掲載されました

緑のカーテンが宇部市のHPに掲載されました
 
毎年取り組んできた緑のカーテンも今年で7年目を迎えました。
今年は、昨年咲いたアサガオの種を一年間保管し、
5月にジフィポットで育てた苗110株を花壇に植えました。
例年は竹竿を組んでいましたが、毎年台風シーズンになると危険を回避するため取り外し、
緑のカーテンも撤去していたため、今年は屋上から網を設置しました。
おかげで蔓はぐんぐんと伸びていったものの、この夏の酷暑の影響か、
生育も一旦遅れ気味となりやや心配しましたが、
やっと8月になってきれいな花をたくさん咲かせてくれました。
宇部市役所のHPにも掲載して頂きました。皆様、ご高覧くださいませ。
 

 

 
 
 
 

20180530 チャレンジデーに参加しました

20180530 チャレンジデーに参加しました
 
 平成30年5月30日、宇部市が催すチャレンジデーに、弊社一同で参加いたしました。
 チャレンジデーは、15分以上続けて体を動かした人の参加率を他の自治体(今回は神奈川県座間市)と競う、住民参加型のスポーツイベントです。
 宇部市内では早朝からいろいろとイベントが行われていたようですが、弊社は、お昼休みの15分間を利用して、会社周辺道路(歩道)の清掃ウォークを行いました。普段なかなか会社の周りをゆっくり歩くことがないため、とても新鮮な気持ちになり、運動とともにいいリフレッシュとなりました。
 ちなみに結果ですが…、宇部市は見事勝利いたしました!参加率(参加人数)は、宇部市54.9%(91,520人)、座間市53.2%(68,830人)だったそうです。
 次回は1年後です。宇部市が掲げる目標10万人を目指し、弊社も健康意識を高めるためにぜひ参加し、勝利にご協力できればと思います。
 
 

20180428 美化ピカロードの清掃を行いました

20180428 美化ピカロードの清掃を行いました
 
 平成30年4月28日(土)、今年度第1回目の「美化ピカロード宇部」の清掃を行いました。
 弊社は、宇部市が推進する美化ピカロードの里親制度に基づき、市道西宇部妻崎線の一部について、宇部市から昨年里親認定され、年に数回、社員一同で歩道の清掃をさせていただいております。
 今年度から弊社に新しく入社した社員も加わり、さらにパワーアップして活動に取り組む所存です。清掃時にはご迷惑をおかけすることもあるかと思います。道路周辺の地域の皆様、当該道路をご利用の皆様、よろしくお願いいたします。
 
 

椹野川河口干潟自然再生事業(アサリ調査)

椹野川河口干潟自然再生事業(アサリ調査)
 
 椹野川河口干潟の自然再生事業の一環として、干潟イベント用のアサリ掘り、干潟の生き物調査のボランティア活動に参加させて頂きました。
 現地には試験区が設けられており、コロラード調査により、各区画におけるアサリのサイズを計測しました。
 アサリ以外には、ヒメシラトリ、ソトオリガイ等が確認され、ベントスなどを採取し、種の同定も合わせて行いました。
 本干潟には絶滅危惧種であるカブトガニの生息も確認され、末永く保全できればと思います。
 
 

中山間地 地域活性化プロジェクト(オリーブ事業-草刈り)

中山間地 地域活性化プロジェクト(オリーブ事業-草刈り)
 
 この時期になると草本類が伸びるのが速くなり、オリーブの周りには雑草が繁茂しています。
 熱中症対策を行いながら、少しずつ刈り取り、すっきりとしました。
 微力ですが、ヒツジも草を食べながらの草刈りです。
 

中山間地 地域活性化プロジェクト(タケノコ堀を通じた環境学習)

中山間地 地域活性化プロジェクト(タケノコ堀を通じた環境学習)
 
 持続可能な農業経営の一環として、タケノコ堀を通じて里地里山の魅力を感じてもらうとともに、豊かな体験を通じて探究心や問題解決能力を育むことを目的としています。
 本プロジェクトはNPO小野湖の水を守る会が主体に、小松原幼稚園、宇部工業高校等の児童や生徒を対象とした環境学習において、宇部セントラルコンサルタントをはじめ宇部市環境政策課、生物多様性応援団、子ども21の皆さん等、多様な連携・協働により実施しております。
 自然体験、生活体験、社会体験は環境教育の重要な要素でありますが、中でも自然体験は豊かな感受性を育てる上で最も大切な要素であり、幼児期から継続していく必要があります。豊かな感受性を持てば、自然環境や社会の仕組みの中で何がおかしいのかを感じ取ることができ、その疑問が次の探求心につながります。また、未来像を予測して計画を立てる力も合わせて養うこともできるものと思われます。
 当社は環境学習を通じて、将来を担う若者たちへの支援を、できる時に、できる人が、できることを、行ってまいります。
 環境学習の後は、採れたタケノコを用いた料理を堪能しました。
 

中山間地 地域活性化プロジェクト(オリーブ事業-植樹)

中山間地 地域活性化プロジェクト(オリーブ事業-植樹)
 
 持続可能な農業経営の一環として、オリーブの植樹を行い商業化を目指す、中山間地地域活性化プロジェクトに宇部セントラルコンサルタントがお手伝いしております。
 オリーブがうまく育つための環境条件を模索しながら、学術研究的に行っているところです。
 土壌にはミミズなどの生物も確認され、今後は、イノシシ対策等についても検討していきます。
 
 

中川河口ヒヌマイトトンボ生息代替地整備作業

中川河口ヒヌマイトトンボ生息代替地整備作業
 
 自然保護協会主催の中川河口ヒヌマイトトンボ生息代替地の整備作業に参加しました。
 この活動は宇部自然保護協会が山口県環境保全事業団から受けた環境活動助成の一環として行われたものです。
 生物多様性応援団に属する、自然保護協会、山口むしの会、小野湖の水を守る会、うべ環境コミュニティーをはじめ、宇部市役所、宇部高専、宇部セントラルコンサルタントが参加しました。
 当社は水質測定器を持ち込み、代替地の水質調査を実施し、ヒヌマイトトンボ生息に適切な塩分が存在しているのかを確認しました。
 代替地にはプラゴミなどが多く散乱しており、近年、取り出されているマイクロプラスチックによる生物への影響が懸念されるところです。
 

水源池・生物多様性保全プロジェクト2017【収穫祭】

水源池・生物多様性保全プロジェクト2017【収穫祭】
 
 津島会長を主体とした「小野湖の水を守る会」では、中山間地域のフィールドを活用したESDの一環として、無農薬によるオリーブ、田植え・稲刈り、蕎麦等の収穫を行っております。
 本活動は、宇部市環境政策課をはじめ、ときわ動物園、生物多様性応援団、小松原幼稚園等、多様な主体が参画し、社会における自分の生き方や価値観の形成、また、問題解決能力を養う良い機会となっております。
 宇部セントラルコンサルタントも、本活動に参加させて頂き、環境教育を通じた技術研鑽をはじめ、中山間地域の活性化に貢献しているところです。また、環境サプライチェーンを通じたCO2 削減、資源循環、水循環、化学物質管理、生物多様性保全など、様々な分野において精進しているところです。
 中山間地域における、きれいな水、うつくしい景色、自然の愛情がこもったお米を使った餅つきは、格別です。
 

第4回「美化ピカロード宇部」の清掃を行いました。

第4回「美化ピカロード宇部」の清掃を行いました。
 
 平成30年3月3日(土)、早朝より、第4回「美化ピカロード宇部」(市道西宇部妻崎線の一部)の清掃活動を行いました。
 前回の清掃から4か月以上経過したため、多少心配しておりましたが、これまでの活動のおかげでしょうか、想像以上に歩道はきれいな状態が維持されていました。それでも30分程度の時間をかけ、雑草やゴミ、砂塵の除去などを行いました。
 昨年4月、エコアクション21の環境活動の一環としてスタートしたこの「美化ピカロード宇部」の清掃活動も、今年度は今回で終了です。当社が里親認定されたこの市道については、中学生や高校生の通学路にもなっています。若い世代の方たちに、“清掃を行うことが当たり前ではなく、そもそも道路にゴミ(ポイ捨て)がないことが当たり前の社会”という日が訪れるよう、切に願いながら締めくくりたいと思います。
 社員の皆さん、お疲れ様でした!
 
 

宇部市年末街頭美化清掃に参加しました

宇部市年末街頭美化清掃に参加しました
 
平成29年12月10日(日)に、宇部市中心市街地で行われた年末街頭美化清掃に弊社の社員が参加いたしました。
宇部新川駅前から真締川方向に歩きながら、約1時間、道路沿いや川沿いに落ちたゴミを拾ったり、堆積した落ち葉の清掃を行ったりしました。当日は、あいにく不安定な天候でしたが、清掃活動で気持ちの良い時間を過ごすことができました。
主催者の方のお話では、年々参加する団体・企業も増加し今年は一段と参加団体・企業が多かったそうです。
宇部市はかつて日本一清掃の盛んな町であったそうです。「かつて」ではなく、「現在も」日本一と誇れるよう、弊社としても引き続き地域貢献の一環として参加の継続を考えるとともに、一人ひとりの日頃からの心掛けも大切であると心を改めさせられた一日でした。
 

会社周辺道路の清掃を行いました

会社周辺道路の清掃を行いました
 
H29.11.25(土)早朝より会社周辺の側溝や他社との境界線土手の草刈り作業を行いました。
前回の清掃から数か月が過ぎ、側溝や土手には草が生い茂り土砂が堆積していました。
側溝には空き缶のポイ捨ても見つかりました。
職員全員が草刈り機2台を使用して草刈り作業を行い気持ちの良い汗を流すことができました。
おかげ様で清々しい新年を迎えることができます。
これからも道路を通行する方々が気持ちよく利用できるように清掃活動を続けていきたいと思います。
 
 
 
before
before
after
after
 
before
before
after
after
 

第3回「美化ピカロード宇部」の清掃を行いました。

第3回「美化ピカロード宇部」の清掃を行いました。
 

平成29年10月28日(土)早朝より、第3回「美化ピカロード宇部」(市道西宇部妻崎線の一部)の

清掃活動を行いました。

第2回目清掃作業から3ヶ月過ぎての清掃活動でしたが、晩秋に向かい真夏と比較すると雑草の成長はわずかでした。

しかし、残念ながらタバコのポイ捨てが見受けられました。

朝から霧雨の悪天候でしたが、心身ともに清々しい清掃作業となりました。

いつかはタバコのポイ捨てもなくなるピカピカロードを目指し、今後も清掃活動を続けていきたいと思います。
 
 
before
before
after
after
 
before
before
after
after
 

しゅうニャン橋守隊活動に参加

しゅうニャン橋守隊活動に参加
 
しゅうニャン橋守隊活動も、これが三度目の参加となりました。
今回(平成29年10月7日(土))は、島地川ダム(黒瀬湖)の北側にある新平ヶ原公園キャンプ場に架かる「新平ヶ原2号橋」を隊員達が一丸となって清掃しました。初めは小雨が降る程度でしたが、清掃活動が終盤に入ると大粒の雨がポツポツと降り出し、あっという間大雨に・・・。隊員達は、ずぶ濡れになりながらも、雨に濡れて重くなった土や草を角スコップやカマを使って撤去しました。ちびっ子隊員達も、大人に負けずに頑張っていました。
清掃活動後の橋は元のきれいな状態に戻り、隊員達は満足気に笑っていました。
 
 

朝顔が満開になりました

朝顔が満開になりました
 
 
 去る平成29年4月22日に花壇の草取りをし、竹竿を組み、平成29年5月11日に朝顔の苗を植え付けました。
さらにジフィーポットと朝顔の種を購入し、ジフィーポットに種を蒔いて苗を育てました。
成長の悪い花壇の隙間を埋めるようにジフィーポットの苗を植えました。
 毎日の草取り・水やり・液体肥料の施肥をしながら、蔓を隙間のないように誘引していきました。
ジフィーポットの苗もどんどん成長し 軒先に届くまでに伸びました。
 7月中旬から色とりどりの朝顔が咲き始めました。
今年は株数を多めに、植え付けの間隔を詰めて植えつけたので大成功でした。
 毎朝出勤するとたくさんの美しい朝顔が社員を迎えてくれています。
8月には宇部市役所のホームページにも写真付きで掲載されました。
 
 「緑のカーテン」は真夏の日差しを遮り、室温を下げる効果もあります。
節電・CO2削減に効果があります。
 これからも「緑のカーテン」設置を続けていきます。
 
 
 
 
 

第2回「美化ピカロード宇部」の清掃を行いました

第2回「美化ピカロード宇部」の清掃を行いました
 
 平成29年7月29日(土)、早朝より、第2回「美化ピカロード宇部」(市道西宇部妻崎線の一部)の清掃活動を行いました。
 第1回目の清掃を3か月前に行ったばかりですが、梅雨を乗り越えた雑草の繁殖力はすさまじく、今回も大変やりがいのある清掃活動となり、心身ともにいい汗をかかせていただきました。
 前回の清掃時に比べると、タバコやペットボトル等、ゴミの投げ捨ては大変少なくなっており、市道を利用される方の御心遣いに感謝するとともに、いつかはゴミゼロロードを目指し、弊社として今後もコツコツと清掃活動を進めていきたいと思います。
 
 
 
before
before
after
after
 
before
before
after
after
 
before
before
after
after
 

ヒヌマイトトンボ生息代替地の自然観察会を実施(平成29年7月16日)

ヒヌマイトトンボ生息代替地の自然観察会を実施(平成29年7月16日)
 
平成29年7月16日(日)に山口大学名誉教授 浮田 正夫工学博士の指導の下、地元の高校生33名が『ふるさとてつだい隊』として、
中川ポンプ場周辺のゴミ回収と中川ゴミの回収を行いました。
 
その後、ポンプ場に隣接するヒヌマイトトンボ生息代替地の観察会を行いました。
 
ヒヌマイトトンボ生息代替地の管理を行う上でとても重要な水質について、
環境省プロジェクト・自然共生ESD推進部会の委員を拝命しております弊社の植田敏史が、
ヒヌマイトトンボ代替地内の水質を実測しました。
淡水と海水の微妙なバランスでヒヌマイトトンボが生息できている事などを解説しました。

高校生のみなさんが頑張っているふるさとの自然を守る活動のお手伝いをすることができました。
 

しゅうニャン橋守隊活動に参加

しゅうニャン橋守隊活動に参加
 
平成29年7月2日(日曜)に、周南市の「しゅうニャン橋守隊」が主催する恒例の橋守活動に、弊社の職員3名が参加しました。今回の活動では、須金地区の地域のみなさんと一緒に、気持ちの良い汗を流しました。今回は、第1部と第2部にわけての活動となりました。
第1部では、清掃前に「恵比須橋」にて、ドローンを使っての集合写真を撮影し、その後須金地区にある「新恵比須橋」の清掃を行いました。橋面上には、土やコケがたくさんあり、きれいに取り除くのにみなさん苦労されていました。清掃後は、ちびっ子隊員達が橋の簡易補修にチャレンジしました。
第2部では、昭和生まれの吊り橋(錦電橋)や錦竜橋、大正生まれの近代土木遺産(松室大橋)を見学に行きました。松室大橋は、平成29年5月に補修工事が完了し、リニューアルオープンしたばかりですが、今でも近代土木遺産としての魅力を保っていました。
 
 
 
恵比須橋とドローン
 
新恵比須橋の清掃
 
地元ケーブルTVの取材を受ける弊社社員
 
錦電橋
 

周南市の橋の清掃活動に参加

周南市の橋の清掃活動に参加
 
 平成29年4月22日(土曜)に周南市の「しゅうニャン橋守隊」が主催する恒例の橋守活動が行われ、今回も弊社の職員5名が参加させていただきましました。
 今回は「ツタワルドボク」片山氏の講演と、橋守隊メンバーによる橋の簡易補修の実演があり、その後、数班に分かれて清掃活動を行いました。
 予定していた坂本橋、落合橋のほか、追加で少し離れた位置にある無名橋の清掃も行いました。橋面の地覆沿いに土砂が堆積し、そこに草が生えたり排水管が詰まったりしていました。下の写真にある無名橋は、ちょうど1年前に徳山工業高等専門学校の学生さんが清掃しているのですが、1年の間に結構多くの土砂が流れ込んで溜まるものだと驚かされました。維持管理の大切さと大変さを改めて実感し直した1日でした。
 
 

朝顔を植えました

朝顔を植えました
 
連休明けの平成29年5月11日(木)の朝 朝顔を植え付けました。
今年は『富士の紫』『富士の紅』「絞の花火』を10mの花壇に20株植えました。
満開になるのが楽しみです。
 
 
 

『緑のカーテン』の骨組みを作りました

『緑のカーテン』の骨組みを作りました
 
当社では、毎年『緑のカーテン』の設置を行っています。今年で6年目となります。
平成29年4月22日(土)快晴の空の元、10mの花壇に『緑のカーテン』設置のために汗を流しました。
みんなで草取りをし、土をふかふかに耕して竹竿で組んでいきました。
朝顔用のネットを取り付けて準備は整いました。
今年もたくさんの朝顔が咲いて社員の心を和ませてくれることでしょう。
 
 

『美化ピカロード宇部』の里親として清掃活動をしました

『美化ピカロード宇部』の里親として清掃活動をしました
 
宇部市役所様より本年2月に『美化ピカロード宇部』に基づく里親に認定された当社は、平成29年4月22日(土)快晴の空の元、総勢18名で清掃活動に汗を流しました。交通量の多い市道の歩道側230mを清掃する際には、通行するドライバーや歩行者の方々に迷惑をかけないように配慮しながら行いました。
本年度第1回目とあって、縁石の車道側・歩道側には、たくさんの土砂・苔が溜まり、その廻りには草が生えて伸びていました。
市道を通行するドライバーや歩道を通行する歩行者の方々が気持ちよく通行できるように、いつもきれいに美しく維持できるように里親として活動していきたいと思います。
 
 
before
before
after
after
 

宇部市道路照明灯スポンサーに認定

宇部市道路照明灯スポンサーに認定
 
平成29年2月、当社は、宇部市の事業である「宇部市道路照明灯スポンサー」に応募し、スポンサーとして認定していただきました。JR宇部駅前の三差路に存在する道路照明灯に対して、“維持管理費(電気代、電球交換費) に対する支援”をさせていただきます。
車や歩行者の行き交うJR宇部駅を明るく灯す道路照明灯の維持管理にわずかながらでも関わりを持ち、
駅利用者の通行性や防犯面の向上に対し微力ではありますが社会貢献したいと考えています。
 
 

美化ピカロード宇部の里親に認定されました

美化ピカロード宇部の里親に認定されました
 
当社は エコアクション21の環境活動をとおして会社周辺の清掃活動を行っています。
平成29年2月に宇部市役所様より【美化ピカロード宇部】に基づく里親に認定されました。
市道 西宇部妻崎線の一部を弊社が担当することになりました。
歩行者の方々が安心して通行できるよう歩道の清掃活動を行います。
地域の皆様に貢献できるよう、清掃活動している弊社社員を見かけたら
温かい目で見守ってくださいね。
 
 

【宇部市ごみ減量等優良事業所】に認定されました

【宇部市ごみ減量等優良事業所】に認定されました
 
当社は エコアクション21の環境活動をとおしてごみの減量に取り組み、3年が過ぎました。
毎年、ごみの減量目標を掲げ、目標達成できるよう社員一同協力してごみの減量に努めました。
平成29年2月に宇部市役所様より【ごみ減量等優良事業所】に認定されました。
資源ごみは可能な限りリサイクル用として処分するとともに、燃えるゴミの発生抑制に
社員一同協力して取り組むことで、これからも事業ごみの削減に努めていきます。
 

20161211 年末街頭美化清掃に参加

20161211 年末街頭美化清掃に参加
 
 平成28年12月11日(日)に、宇部市中心市街地で行われた年末街頭美化清掃に弊社の社員が参加いたしました。
 宇部新川駅前から真締川方向に歩きながら、約1時間、道路沿いや川沿いに落ちたゴミを拾ったり、堆積した落ち葉の清掃を行ったりしました。当日は、天候にも恵まれ、暖かな日差しのなか、気持ちの良い時間を過ごすことができました。
 主催者の方のお話では、宇部市はかつて日本一清掃の盛んな町であったそうです。「かつて」ではなく、「現在も」日本一と誇れるよう、弊社としても引き続き地域貢献の一環として参加の継続を考えるとともに、一人ひとりの日頃からの心掛けも大切であると心を改めさせられた一日でした。
 
 

20161109 匿名様よりエコキャップの寄付を頂きました

20161109 匿名様よりエコキャップの寄付を頂きました
 
 去る平成28年11月9日に、鳥取県の匿名様よりエコキャップを寄付して頂きました。
当社では、エコキャップやプルタブを収集し、宇部市社会福祉協議会や、山口県社会福祉協議会に寄付したことをHPで発表していました。
そのHPを観て頂いた匿名様が当社の環境に対する地道な活動に共感してくださって、宅配便でわざわざ送ってくださいました。
今後も小さなことからコツコツと活動を継続し、HPで当社の環境活動を発信し続けます。
 

20160827 周南大橋の清掃活動に参加

20160827 周南大橋の清掃活動に参加
 
 平成28年8月27日(土)に、弊社の役職員4名が、周南市を中心に活躍されている「しゅうニャン橋守隊」の活動に参加させていただきました。
 今回の内容は、主に周南大橋の清掃活動でした。参加された皆さんと一緒に、橋面に落ちたゴミを拾い、排水装置に堆積した土砂を除去し、繁茂した雑草を抜くなどの作業を行いました。炎天下での作業となりましたが、充実感溢れる気持ちの良い汗をかくことができました。
 弊社では、業務における現場作業の際に、本来の仕事の合間を縫って、現場に散乱するゴミの清掃活動を実施しています。特に橋梁に関わる現場の際には、桁座や排水装置に堆積した土砂を撤去するなど、少しでも橋梁の機能回復に繋がるような取組姿勢を持ち実践しています。
 そのようなことから、「しゅうニャン橋守隊」の主催者の方々の素晴らしい思想や趣旨に共感し、今回2度目となる参加をさせていただきました。今後も、可能な限り参加を継続していきたいと考えています。 
 

温室効果ガスの吸収活動2016

温室効果ガスの吸収活動2016
 
グリーンカーテン
 
グリーンカーテン
 
グリーンカーテン
 

道路側溝の清掃活動と花壇の整備2016

道路側溝の清掃活動と花壇の整備2016
 
道路側溝の清掃
 
花壇の整備
 
花壇の整備
 

ペットボトルのキャップ寄贈【宇部日報掲載:平成28年5月14日付】

ペットボトルのキャップ寄贈【宇部日報掲載:平成28年5月14日付】
 
エコアクション21を通じて、ゴミの分別及び地域の清掃活動を行ってきました。
このような活動の中、ペットボトルのキャップを集めて、エコキャップ推進会に寄贈し、世界のこどもたちにポリオワクチンの提供を推進してきました。
ポリオワクチンは1つ20円で、キャップ860個に相当します。

ちなみに、ゴミとして焼却処分されると、キャップ860個で6,300gのCO2が発生するようです。

 

20151213宇部市街頭美化清掃

20151213宇部市街頭美化清掃
 
 
空き缶・タバコ等のゴミ拾い
 

温室効果ガスの吸収活動

温室効果ガスの吸収活動
 
 
グリーンカーテン
 

道路側溝の清掃活動

道路側溝の清掃活動
 
 
 

現場にて地域の清掃活動

現場にて地域の清掃活動
 
 
 
地域に散乱している空き缶やゴミを収集しています
 
収集したゴミの状況です。3R活動につなげていきます。
 

消費電力の抑制(CO2削減活動)

消費電力の抑制(CO2削減活動)
 

障害者支援活動(トイレと窓の清掃活動)

障害者支援活動(トイレと窓の清掃活動)
<<株式会社宇部セントラルコンサルタント>> 〒759-0203 山口県宇部市中野開作67番地 TEL:0836-41-6866 FAX:0836-41-2345